墓石の石材や種類の価格|必要資材でかかる費用を知る

葬儀場

お葬式には種類がある

葬儀の流れをその時がくるまで知らなかったという場合、慌てて準備することになるでしょう。そうならないためにも、予め葬儀を依頼する業者や執り行う内容を予め決めておくことが大切です。

シニア夫婦

故人の思い出整理

福岡の遺品整理の業者は数多くあり、値段やサービス内容もそれぞれ違います。そういった違いを1社1社確認しているとなると、かなりの時間をかけることになってしまいます。そういった場合は一括査定サイトを利用してみましょう。

お墓の作り方

女性

お墓にはいくつか種類があって、それぞれの意味合いが違います。一般的な墓は「家墓」と呼ばれる墓で、子孫に受け継いでいく墓です。最近では、「個人墓」や「夫婦墓」といった他の人が同じ入らない墓が増えてきました。他にも、結婚後に性が変わった場合に両家の性を刻んで祀った「両家墓」や、友人などの親しい関係者が一緒に入る「共同墓」というものがあります。また、お墓を置く場所も種類があり、その種類は大きく分けて3つあります。寺院墓地や公営墓地、民間霊園です。他にもお墓を建てる上で決めて置かなければならないのが石材です。墓石の形や石材は加工を依頼した先によって違います。また、お墓を建てる場所によって石材が予め決められていることもあります。例えば民間霊園の場合には「指摘石材制度」というものにより複数の石材が指定されています。また、つくる形によっては、石材店ごとに得意不得意があります。石材店にお願いする場合は、予め選択できる石材の種類を確認して、決めておいたほうがいいでしょう。
墓石の価格は、永代使用料、関連費用、管理費の3つが必要になります。永代使用料とは、お墓を建てた場合にその土地を永久的に使用する際に必要な料金です。墓石関連費用は、本体とその加工に必要な料金です。最後に管理費ですが、これはお墓を建てたそれぞれの場所で発生してくる料金です。管理費は1年起きに支払いをし、その金額はおおよそ数千円から数万円になります。お墓を建てるうえでの価格は、管理費を除いても150万から200万ほどとされています。

ダンボールを持つ男性

業者選びの基準

遺品整理の業者は慎重に選ぶようにしましょう。業者によっては、物品の扱いが雑であったり、対応が悪いところもあります。遺品回収業者はネットで調べるといくらでも出てくるので、電話などで問い合わせて確認してみるといいかもしれません。